topimage

2018-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつもの涙を越えて、笑顔倍返し!! - 2013.09.22 Sun

GWから飼い始めたチャボカップル。
この4ヶ月でいろんなこと教えてもらった。

想像以上になついてくれて、
私達が出歩くとお尻プリプリしながら猛スピードで付いて来る。
部屋に入れば、窓からめっちゃ覗いてくるし。かわいすぎる。
安心卵を供給してもらうの目当てだったけど、こんなに癒してくれるなんて。

7月に指折り数え初めて誕生したブラックヒヨコのひより。
子供ととびあがって喜んだ。
と同時にチャコは小屋に少しでも手を入れると
羽広げて猛突進の威嚇をするようになった。母は強し!!

生後12日、久々にチャコも小屋から出て、後を着いてヒヨリも初めて外へ。
ママと同じように地面をつついて小さな虫を捕って食べるほど成長しました。
小屋の床下へ親鳥たちと隠れてしまったし、炎天下でずっと見守ることも出来ず、
網で捕まえてでも入れないとっておばあちゃんに言われたけど。
長女は「そんな無理やりなこと絶対ダメ!!」と反対。
チャコの攻撃にも抵抗できず、
娘のプール授業の時間になり送迎で10分ほど離れました。

戻ってから次女がすぐ見に行くと、泣きながら
「ひよちゃんいない!!カラスに捕られちゃったんだ。」
うそ。。。でも辺り探し回ってもいなかった。ママから離れるわけもない。
カラスや猫に捕られるなよって散々おじいちゃんおばあちゃんに言われてたけど。
まさか、、、、
家族で泣いた泣いた。

時間と共に、カラスにも7つの子がいたんだ、チャボがミミズ食べるように
命を捧げたんだって気持ちを整理。
私だって鶏肉食べてるって。
改めて命を頂いてることを実感。

傷が癒えてきた8月末、またチャコが卵を抱き始めた。
9月15日、朝いつものように小屋を覗きに行くと、
カギが開いてた。
そしてすさまじい量のチャコの黒羽が散乱してた。
扉を開けてよく見回してもチャオしかいない。
うそ。。。。。。うそ。。。。。今度はキツネ。

あんなに仲良かったチャオのお嫁さん、
18日間健気に卵を抱いていたのに。
長女は
「今度はチャオがやられたらもうこんなに悲しいの嫌だから
もらって来たおうちに返したい。」なんてことも言い出した。

あと3日で孵る卵、拾ってみるともう冷たい。
涙溢れてくるけど、卵をどうするかすぐ判断しなくちゃいけない。

また3日待って、孵らなかったら余計に悲しくなるからすごく悩んだけど。
養鶏熟知してるおじさんがよっぽど大丈夫って言って、
孵卵機を貸してくれた。娘と奇跡にかけることにした。

でもチャコがいつも隠れてたアイビーの茂みからひょっこり出てくるような気がして寂しくなったり、
寝るときに惨劇の場面を想像して泣けてきたり。数日抜け殻のような私でした。

孵化予定日の9月18日。朝、卵に中から突いたような小さなヒビが入ってた!!
うっそーーーー!!!!!生きてる??!!
夕方には生まれてるのを期待しながら出勤。
でも17時頃帰宅すると何の変化もなかった。
こんな長時間かかるなんて中で息耐えちゃったのかなぁ。
悲しい思いはもうしたくないから
期待はせず、もう一晩だけ待ってみようとそのままに。
夜20時頃、やっぱり諦めれず孵卵機を覗いてみた。
30秒くらい見つめてたら、かすかにヒビが動いてる気がした。
気のせい?と思ってたら段々動きが大きくなって来た。
すぐ家族に知らせに行って孵卵機を部屋に移動するため、
長女に卵を持たせたら。。。。
ひび
卵の中からピヨピヨって声がする!!!!!!
「めっちゃ動いてるのがわかる!赤ちゃんがお腹で動いたらこんな感じだろうね。私生んだこと無いけど、すごいの経験しちゃった☆」
と手から伝わる命の動きに長女は大興奮。

孵卵機に戻すと
ヒビが少しずつ剥がれて来て、小さなくちばしが動いてるのが見えてきた。がんばれ!!!
22時5分卵が真っ二つにパカっと割れて誕生。今度は白い子だね~。
長女は「すごいね、すごいね、地球にいる70億の命もこうやって生まれて来れたんだね。」
って教科書みたいなセリフ。
この2時間は赤ちゃんがゆっくり産道を下りて来るような感覚でした。
P1030882.jpg
でも動物って逞しい。震えながらも生まれてすぐ立ち上がるんだもん。
この日は興奮さめやらぬまま眠り、翌朝少し毛がふんわりしてきて元気にしてるチャッピーに一安心。
心配をよそにとっても元気なチャッピー、好奇心旺盛で動くもの何でも猛突進して行く。オスかな?
ふわふわまん丸なルックスがたまらなくかわいいけど、やっぱりママの温もりで眠れないチャッピーが不憫。
孵卵機の中で一人ぼっちで丸まって眠る姿は胸が痛む。
すぐ大きくなってしまうからずっと部屋では飼えないし、これから寒くなって行くから早く外気にも慣れさせないといけない。
明日は継ママをもらって来ます。
もう大きくなるまで触らせてもらえなくなるけど、
ママのお腹の下でふわふわの眠りにつけるのが一番だよね。

今日は娘達とチャッピーの写真いっぱい撮った。
こんなにかわいい命を繋いでくれたチャコちゃん、本当に本当にありがとう。
涙の数ぶん、かけがえのない命を教えてくれて、こんなに笑顔を返してくれてありがとう。
P1030912.jpg
モーニングに付くゆで卵、もう食べ物に見えなくなった私です(笑)

● COMMENT ●

ありがとう^^

悲しい別れと新しい命の出会いがあったんだね
目の前の命を大事にしようと思いました

aoちゃんへ

コメントありがとうv-238

いつも一緒にいるのが当たり前になってる存在でも
それがずっととは限らないって思い知らされたよ。
家族仲良く大事にしたいねv-22


管理者にだけ表示を許可する

三草粥 «  | BLOG TOP |  » かわいい芽

プロフィール

nano

Author:nano
名古屋育ち。娘二人の母。
2010年春から夫の実家のある森へ移住。

趣味:ガーデニング、天然生活
仕事:ハーブ教室「菜の香」主宰
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
、web制作

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。