FC2ブログ
topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽週間2012 - 2012.06.30 Sat

去年も同じタイトルで書きましたが、
今年も加子母の明治座(築100年以上の木造歌舞伎芝居小屋)で「田中千香士音楽祭・クラシックコンサート」が今日開催されました。
世界的なヴァイオリニストで東京藝術大学名誉教授の故・田中千香士氏が「生のクラシック音楽に触れる機会が少ない山村の子どもたちにデジタル音ではない本当の楽器の音を感じさせてやりたい」と言う思いで始まったものです。田中千香士氏が亡くなって4年が経ちますが、その遺志を継いで第一線で活躍する演奏家で構成される“田中千香士レボリューションアンサンブル” がコンサートにやって来てくれます。今年で15回目になりました。

毎年このコンサートの週にはそのうちの演奏家5名が加子母保育園と小学校に訪問してミニコンサートを開いてくれます。そして高学年と中学生は明治座にてフルメンバーで子供たちのためのオーケストラを聞かせてもらえます。
子供向けにクラシックだけでなく、ドラえもんやトトロ、校歌を伴奏してくれたりと、とても貴重な時間を過ごせます。
s-くらこん01--20_3 クラコン


田中千香士氏が始めて明治座でヴァイオリンを弾いたとき木造の空間に木製の楽器から発する音の共鳴に大変感動してこの場所を選んだそうです。
一昨年私がコンサートに行った時に初めて参加された演奏家の方のコメントの中で、ここは本物の音がする、最先端技術で建てられたホールでも釘ひとつ使われていない窓もサッシじゃなく、すべてが木造という建物はないので本物の素晴らしさを感じると仰っていました。
また10年以上参加されている俣野さんは、初めて参加した時まだ学生で長野出身の彼女でさえ加子母村のあまりののどかさにどうやってコンサートを盛り上げて行けばよいのか心が折れそうになった、、、けれど続けてこれたのは村の方たちのあたたかいもてなしに心が動かされ、毎年「今年も加子母に帰って来た~ぁ」といつしか音楽家としての原点を見出す無くてはならない場所になっていました。いつも私たちを受け入れてくださって本当にありがとうございます。これからもずっと20年、30年と続けて行きたいので私たちを支えて下さい。と

そんなコメントを聞いて、加子母には人のあたたかさと受け継がれた木造建築と言うすばらしい財産があるんだな~と改めて気づかせてもらえました。本当にいつまでも続いて欲しいと私も願っています。

しかしこのコンサートも来年から市からの補助金が下りなくなって、財政的に存続の危機にあるそうです。
運営はボランティアで実行委員会の方たちを中心に地区の婦人会の方がまかないを出したりと、みんなが協力し合っているのですが、、、
(私ももっと前もって宣伝すればよかったな。反省)来年も第16回が実現するならちゃんと告知します~!!!
動画見れますのでよろしければごらん下さいませ。↓

子供たちのためのクラシックコンサート(2012/6/29)

明治座クラシックコンサート(2012/6/30)
スポンサーサイト

梅雨の晴れ間に - 2012.06.24 Sun

しばらく梅雨のどんより雲で覆われていた山も
昨日はすっきり青空できれいに見渡せました。
洗濯物が一日中天日干し出来るのってうれしいなっ♪

貴重な晴れ間に主人は朝から薪小屋の増築に励み、ドリルの音やら防腐ペンキの匂いが漂ってました。
s-koya.jpg


私と子供たちは庭や野原で食べられる実の収穫を楽しみました。
隣の野原に大きなグミの木があって春は白い花が枝をびっしり覆いますが、今はサクランボのようなかわいい赤い実がたくさん!!
サクランボほど甘味がなく、かなり熟してないと渋いのでいっぱい食べれるものじゃないんだけど、、、
ビタミンとリコピンたっぷりと知ってピューレを作ることに。オリーブオイルとレモン汁と混ぜてドレッシングにしてみます。
s-gumiki.jpg s-gumi.jpg
それから白い花で春の訪れを知らせてくれた梅も青い実がたくさん!!
脚立に上って蜘蛛の巣にひっかかったりしながらも、1キロ収穫。
夏のさっぱり天然ジュースに梅シロップを作ろう~
爪楊枝でヘタ取り作業、娘たちも上手に手伝ってくれました。
昨日は洗って一晩冷凍庫へ。繊維が壊れてシロップが早くしみ出るそうです。
s-umeki.jpg s-ume.jpg
今日は一個ずつ爪楊枝でプツプツ穴あけて氷砂糖と保存瓶に。
いっぱいお手伝いしてくれた次女は楽しみで待ちきれず、氷砂糖をほおばって我慢してました。
これから毎日まだかなまだかなと眺めてそう。。
s-へたとり s-ジュース
そしてお茶の材料をいろいろ。
カモミールも花が終盤なので、ドライ保存に。
ラズベリーの葉も甘い香りがして収れん作用や粘膜をいたわる効果あり。
柿の葉は今時期が一番ビタミンや栄養含んでるってお義母さんから聞いたので、
ツヤツヤ葉っぱが宝物みたいに見えて来ます!
s-tea.jpg
前回書いた2週間前はカッコウの声が盛りでしたが、今は“ホーホッチョカケタカ♪”とホトトギスの声がよく聞こえてます。夜はもうそろそろとホタルの里へ出かけたところ、3匹くらい出てました。
これから蒸し暑い夜に期待!!
梅雨もたくさんの楽しみをもたらしてくれます。


カッコウを聞きながら - 2012.06.09 Sat

今週の木曜、金曜日は仕事が休みで久しぶりに庭の手入れが出来た。
“ホ~ホケキョ”ソプラノなうぐいすが鳴くと“カッコウ♪カッコウ♪”とアルトなカッコウがこだまして、名前はわからないけど“チュルルル~”と美声を響かせる鳥たちのアンサンブル。
デジタルサラウンドでは表現できない澄み切った空気と森の木々の反響。

伸び盛りのミントは足元が触れる度にスーッとした香りが漂って気持ちがいい。
甘い香りのかわいらしい白い小花のカモミールと一緒に花瓶に飾って。
パスタソースに使おうとローズマリーをカットするとキリリとした香りに食卓への期待が高まる。
氷点下になる加子母の冬を忍んでくれたラベンダー。
先月、新芽が出てきたのを見つけたときはとってもうれしかった。
今はもう紫のちいさな蕾の穂がたくさん。
来月の私の誕生日頃にはきれいな花が咲いているだろう。

去年1株だけ植えたイチゴが自分でツルを伸ばし、あちこちに新たな株を増やしてくれていた。
2週間前まで白い花を楽しませてくれて、小さな実が膨らんで赤くなって行くのを娘たちと今か今かと待ちわびていた。
今週は20度を越す日が続くようになって、気がつくと真っ赤な実が毎日5~8粒くらい収穫できるようになった。
甘くて娘たちとにっこり。
s-いちご2
朝、娘の保育園のバス停でバスを待っていると、見送りに来たSちゃんのおじいちゃんから
たくさん作ったからと杉の箸と木ベラをみんなに配ってくれた。
昼におばさんがうちに来て朴葉ずしのお礼にもらったからと、近所の畑で頂いた春菊、小松菜、赤カブを分けてくれた。
夕方うちの畑のジャガイモが採れるようになったのでいる時に掘って行くようにとお義母さんが教えてくれた。
次女と宝探しのように小イモを夕飯で食べる分だけ掘って、清水で洗って甘辛く煮付けた。
もちもちでおいしいと主人と長女が喜んでくれた。
もらった春菊は胡麻和え、赤カブを酢漬けの副菜にして。
s-120607.jpg
昨日も今日もスーパーには行ってない。それでもたくさんの食材が与えられている。

評判の映画を見に行ったわけでもない。それでも五感を気持ちよくしてくれるものに溢れている。

村の人口は少ない。それでも無表情で通り過ぎていく人だかりの雑踏よりも、会う人毎に言葉を掛け合うふれ合いの方が笑顔に溢れている。

すばらしきカントリーライフ☆私を取り巻く人たち、豊かな環境にただただ感謝!ありがとう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nano

Author:nano
名古屋育ち。娘二人の母。
2010年春から夫の実家のある森へ移住。

趣味:ガーデニング、天然生活
仕事:ハーブ教室「菜の香」主宰
JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター
、web制作

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。